メッシ、C・ロナウド、ルーニーをも超えるペース グリーンウッド驚異の大爆発

マンUのグリーンウッド photo/Getty Images

最初の50試合の成績が凄い

1-1のドローに終わった22日のウェストハム戦にて、マンチェスター・ユナイテッド所属の18歳FWメイソン・グリーンウッドがトップチームでの通算50試合目を迎えた。

グリーンウッドはこのウェストハム戦でもゴールを決めているのだが、プロになって最初の50試合の成績は17得点5アシストとなっている。見事な成績と言っていいのではないか。

さっそく英『90min』はその他のアタッカー陣と50試合出場時点での成績を比較しているが、グリーンウッドはウェイン・ルーニーやリオネル・メッシより良いスタートを切っている。

例えばルーニーはトップチームでの最初の50試合で9点しか奪っていない。メッシは13点、クリスティアーノ・ロナウドは6点、さらには今何かと話題のFWアーリング・ハーランドも最初の50試合では12点に留まっている。

メッシとハーランドはプレイしているコンペティションが異なるが、それでもグリーンウッドの成績は見事と言うしかない。

グリーンウッドより良い成績を残している選手では現パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ(23点)、現ミランFWズラタン・イブラヒモビッチ(20点)、そして現バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ(28点)が挙げられているが、このうち欧州五大リーグで最初の50試合を戦ったのはムバッペのみだ。

大切なのはここからの成長であり、ルーニーもロナウドもメッシもここから大化けした。グリーンウッドもそれに続きたいところだが、ワールドクラスの点取り屋となれるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ