来季は得点&アシスト両方で“二桁”狙うべし マンCの若きマジシャン開花へ

マンCのフォデン photo/Getty Images

来季への意気込みを語る

今季後半戦に覚醒の予感を漂わせた若きプレイメイカーは、2020-21シーズンにさらなる大爆発を披露できるか。マンチェスター・シティで本格ブレイクの時を待つ20歳が来季への意気込みを語っている。

その20歳とは、各方面から“ダビド・シルバの後継者”として期待をかけられているMFフィル・フォデンだ。今季は公式戦35試合に出場し8ゴール9アシストを記録しており、トップレベルでの戦いに順応してきた印象がある同選手。来季は満を辞して、いよいよ本格ブレイクといきたいところ。本人もやる気が漲っているようで、フォデンはまだ今季が終わらぬ今のうちから2020-21シーズンにおける飛躍を誓っている。

「僕は毎シーズン、ゴールとアシストが前のシーズンよりも多くなるように努力しているんだ。以前より成熟した姿をみんなに見てもらいたいからね。今季は幸運にも、その両方を達成することができた。来季はさらに数字を伸ばしたいよ。僕はまだ20歳の若手だから、そういった数字は自分に大きな自信を与えてくれるのさ。今は自信に満ち溢れている。このフォームとレベルをこれからも維持したいね」

今季は8ゴール9アシストだっただけに、次にフォデンが狙うのはゴールとアシスト両方での二桁到達か。ここまでは順調に毎年成績を更新しているだけに、来季もその目標達成には期待がかかる。

マンCで着実に成長するヤングスター。フォデンが2020-21シーズンにいよいよ覚醒の時を迎えようとしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ