アーセナルの“プランB”にうってつけ? 中盤戦士がガナーズに逆アプローチだ

ポルトで主将を務めるペレイラ photo/Getty Images

パルティ獲得失敗時には最優先候補となるか

アーセナルは今夏MFマッテオ・グエンドウジを放出する可能性が高くなっており、中盤の補強に動く可能性が高い。なかでも、現在注目を集めているのはアトレティコ・マドリードに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティだ。

しかし、彼の移籍金は5000万ユーロ(約62億円)とされており、近年資金難に苦しむアーセナルにとっては高すぎる買い物と言えるだろう。となれば、アーセナルはパルティの獲得断念に備えて“プランB”を用意しておきたいところ。そんな中、この状況にうってつけの人材が向こうからアプローチをかけてきたと英『THE Sun』が伝えている。

それはポルトに所属するポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラだ。今季主将として公式戦34試合に出場し、ポルトの中盤を支えている同選手。かねてよりアーセナルが狙っているとの噂は浮上していたが、本人も今夏のプレミア行きにはかなり前向きなようだ。ペレイラは『Stats Perform』のインタビューにて、アーセナルの可能性について次のように語っている。

「アルテタはアーセナルで本当に良い仕事をしていると思うよ。シティでアシスタントコーチをしてただけに経験もあるし、とてもうまくやっていると思うね。以前と比べてアーセナルのサッカーは良くなったよ。彼はスペイン人だし、ポルトガル人監督と少し似ているところがある。また、僕はボール保持時のプレイに磨きをかけたいから、アルテタはうってつけの存在だと思うな。アーセナルにとっても僕は良い人材だと思う。ポルトにいるのは好きだけど、プレミアのような素晴らしいリーグにも行ってみたい。常に夢見ていた舞台なんだ。僕はセリエAでもプレイしたけれど、やはりプレミアは巨大だ。世界最高のリーグだと思うね」

ガナーズ行きにかなり興味を示しているペレイラ。はたして、この28歳は来季プレミアの名門でプレイすることとなるのだろうか。移籍金は推定2000万ユーロ(約24億8000万円)程度とされ、パルティと比べればかなりお買い得。アーセナルの“プランB”としてはまたとない候補となるはずだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ