オバメヤンの代役としてパーフェクト? アーセナルにオススメな27歳

サウサンプトンで得点を量産しているイングス photo/Getty Images

「卓越した才能の持ち主」

アーセナルにエース退団の噂が流れて久しい。エースとはもちろんFWピエール・エメリク・オバメヤンのことだ。複数の英メディアによると、現在彼は新契約締結に向けて順調に話し合いを進めているとされるが、本人から去就に関する明確なコメントは依然ないままだ。交渉次第では退団という可能性もまだ残されているだろう。

そんな“エース流出”という最悪のシナリオも想定される中で、アーセナルは代役候補をリストアップしておきたい。万が一の事態に備えておけば、オバメヤンが退団することとなってもその被害を最小限にとどめることができるはずだ。では、その後釜候補としてはどんな選手が適切か。クラブOBのマーティン・キーオン氏が勧めるのは、今季中堅クラブで大爆発しているストライカーだ。

「ダニー・イングスは卓越した才能の持ち主だと思うよ。前線におけるプレスは非常に巧妙で、彼はハードワークを怠らない。サウサンプトンは彼を迎えることができて幸せだっただろうね。もう一度チャンスを得たこのクラブでイングスは止まることなく得点している。今の彼は最高レベルだ。オバメヤンの代役も務まると思うよ。彼が去った後のオプションとして、イングスがパーフェクトな候補の1人であることは間違いない。加えてイングスはまだ若く、今後も成長も見込める。私は間違いなくアーセナルが獲得すべき選手として彼の存在を認識しているよ」

英『talkSPORT』に対して、キーオン氏は古巣にサウサンプトンのダニー・イングスをリストアップするよう促している。今季のプレミアではここまで得点ランキング2位タイとなる20ゴールを挙げているイングス。これはオバメヤンと同数なだけに、得点力の観点からも代役としてはパーフェクトな存在か。

オバメヤンの去就が気になるアーセナル。エースの残留こそが最優先で目指すべき目標ではあるものの、万が一の事態には備えておきたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ