リーガ3回、CL4回、W杯も制覇 27歳で“ほぼ全て”を手にしたレアルの番人

レアルのヴァラン photo/Getty Images

タイトル獲得ペースが異常

リーグ再開後から怒涛の連勝を続け、3季ぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇を果たしたレアル・マドリード。

これで再び注目が集まったのは、現サッカー界屈指のタイトルホルダーであるDFラファエル・ヴァランだ。

ヴァランは27歳のセンターバックだが、ここまでタイトルに恵まれすぎているキャリアを過ごしてきた。

リーガ制覇は3度目の経験となり、他にもスペイン国王杯、UEFAスーパーカップ3回、クラブワールドカップ4回、チャンピオンズリーグ4回、スペイン・スーパー杯2回、そしてフランス代表にて2018ロシアワールドカップと、27歳とは思えぬタイトルの多さだ。

特に今季のレアルは堅守が大きな武器となっており、センターバックのヴァランも大いに貢献した。もちろん前線や中盤の選手も頑張ったが、堅守を優勝の理由とするならばヴァランや相棒のセルヒオ・ラモスこそ優勝へ導いたヒーローと言っていいかもしれない。

ヴァランが今後もレアルでプレイを続けるならば、タイトルはもっと増えていくだろう。数年後には久保建英やマルティン・ウーデゴー、ヴィニシウス・ジュニオールら若手をまとめていくリーダーとして最終ラインに君臨するはずだ。

勝ち取っていないのはEUROのタイトルくらいで、これは来年にチャンスがやってくる。これも制覇してしまえば、ヴァランは28歳で全てを制した男になる。

ヴァランは引退するまでにいくつのタイトルを集めるのか。部屋に飾り切れないほどのトロフィー数になっているに違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ