2020年に入ってたったの“5ゴール” マンCまで撃破した昇格組ノリッジの崩壊

降格が決まったノリッジ・シティ photo/Getty Images

当初は魅力的なサッカーだったが……

今季開幕当初、プレミアリーグでは昇格組が面白いと話題を呼んだ。

ここまでトップ4入りに迫る快進撃を見せているシェフィールド・ユナイテッドはもちろん、最下位に沈んで降格が決定してしまったノリッジ・シティも開幕当初は面白いチームと評判だった。

フィンランド代表FWテーム・プッキが開幕から5試合で5得点とロケットスタートを切り、チームもマンチェスター・シティ相手に勝利を収めるなど勢いに乗った。昇格組ながら攻撃的なサッカーを展開するノリッジは見ていて楽しいチームだったのだ。

ところが、そこから急失速。現在もリーグ戦再開後は全敗しており、何より2020年に入ってからリーグ戦で5点しか奪っていない。この攻撃力で勝ち点を獲得していくのは非常に難しい。

英『Daily Mail』も非常に残念な降格劇になってしまったと取り上げているが、ここまでリーグ戦35試合をこなして無得点に終わった試合が半分の17試合もある。無得点で終わるゲームほどサポーターが退屈するものはない。

5勝6分24敗、26得点67失点と残酷な成績となってしまい、ノリッジのロケットスタートは続かなかった。

同メディアはもう1度プレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)からやり直してほしいと今後の頑張りに期待をかけているが、ノリッジはここから立ち直れるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ