さすがにそのポーズは…… ベイルの“居眠りポーズ”にファンは「酷い態度だ」

レアルのベイル photo/Getty Images

アラベス戦でも出番なく

レアル・マドリードFWガレス・ベイルは何かと話題を呼ぶ選手だが、残念なことに最近はピッチ外での話題が多い。

先日もレアルはアラベスに2-0で勝利したが、スタンドで待機していたベイルに出番はなかった。

そんな中、話題を呼んだのはベイルの居眠り疑惑だ。マスクを目のところまで上げ、足を伸ばしてリラックスしている姿がカメラに捉えられたのだ。交代枠が5枚まで増えているものの、出番がないことに不満があったのだろうか。

この行動に対しスペイン『MARCA』は、ベイルはリーグタイトルを目指すチームに何の貢献もしていないと厳しい主張を展開。レアルでベイルが復活する可能性はないと切り捨てている。

ベイルはチームと2022年まで契約を結んでおり、出番を確保するには移籍を選ぶのが1番だ。しかし、一部では契約満了まで残るのではとも言われている。同メディアは、2022年までスタンドで笑い続けるつもりかと批判している。

英『Daily Mirror』はSNS上でのサポーターの反応をまとめているが、さすがに居眠りのようなポーズはまずいだろうとの意見が目立つ。


「ベイルは失礼だ」

「興味があるふりさえしないのは失礼」

「ベイル?有名なゴルフプレイヤーだ」

「酷い態度だ」




最近のベイルは明らかに悪い方向で目立っているが、これを変えられる日はくるのか。このままの状況を2022年まで続けるのは双方にとって得策ではないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ