アッレグリ・インテル誕生の可能性 今夏のクラブ方針次第で……

今夏の動向に注目が集まっているアッレグリ氏 photo/Getty Images

2014年のユーヴェの再現?

インテルの新指揮官に、ユヴェントスの前指揮官であるマッシミリアーノ・アッレグリ氏が就任する可能性があるようだ。

セリエA第31節終了時点で、19勝8分4敗となっているインテル。1敗しかしていなかった前半戦までの好調とは打って変わり、後半戦は思うように勝ち点を伸ばすことができず。リーグ戦再開後もボローニャに逆転負けを喫したり、サッスオーロやヴェローナに引き分けたりして、4位まで後退している。こういった状況もあり、チームの指揮官を務めるアントニオ・コンテ監督の周辺が徐々に騒がしくなってきた。

インテルは今のところ、コンテ体制の来季続投を望んでいるようだ。ただ、今夏のクラブ方針次第で、指揮官の方から辞任を申し出る可能性があるとのこと。『SPORT MEDIASET』や『TUTTOSPORT』など複数の伊メディアによると、コンテ監督はチームの現状を受け、今夏の移籍市場で大幅な戦力変更を望んでいる。しかし、クラブから補強に関して十分なサポートを受けられない場合、インテルとの別れを決断するかもしれないという。

そこで白羽の矢が立っているのが、現在フリーで、1年間の休暇を経て今夏の現場復帰へ意欲を示しているアッレグリ氏だ。様々なビッグクラブが以前から興味を示してきたが、現時点で新天地は決まっていないため、インテルはコンテ監督の代役を探すことになった場合、同氏をメインターゲットとしているようだ。

アッレグリ氏は2014年にACミランから、スクデットを争うライバルクラブのユヴェントスへ渡った経験があり、過去に率いたクラブ名はあまり気にしない可能性も。そして、当時ユヴェントスの指揮官を務めていたコンテ監督からチームを引き継いだ経験もあり、インテルのCEOを務めるジュゼッペ・マロッタ氏(ユヴェントスの前GM)との強い絆もある。そのため、ジョバンニ・トラッパトーニ氏とアルベルト・サッケローニ氏に続いて、ミラン、ユヴェントス、インテルという3つのイタリア名門クラブを全て率いる3人目の指揮官になるかもしれないとのことだ。はたして、アッレグリ・インテルの誕生はあるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ