天才チャンスメイカーがアーセナルに欲しい セバージョスの完全移籍は夢か

アーセナルのセバージョス photo/Getty Images

中盤に欠かせぬテクニシャン

来季からアーセナルの中盤をリードしていくのは誰になるのか。

アトレティコ・マドリードMFトーマス・パルティ獲得案など噂はいくつかあるが、今見えている才能が欲しいと考えているサポーターは多いはず。

今見えている才能とは、レアル・マドリードからレンタルで加わっているMFダニ・セバージョスのことだ。仮にセバージョスを完全移籍で獲得できるならば、アーセナルにとって極めて大きなプラスになるのは間違いない。

英『TalkSport』は、セバージョスを完全移籍で獲得する方向で動いた方がいいとアーセナルにメッセージを送っている。ミケル・アルテタの下でプレイを続ければ、来季にさらなるブレイクを果たす可能性があると信じているのだ。

何より数字が印象的だ。アルテタの下でセバージョスは1試合平均1.5回のドリブルを仕掛け、タックルも1試合平均2.3回、インターセプト数も1試合平均3.5回、ボックス内へパスを出した平均回数4.6回、1試合の縦パス平均本数15.9本、1試合平均チャンスメイク数1.4回と、数字を見れば攻守両面での高い貢献度が分かる。

セバージョスの考えも重要だが、アーセナルにとっては大きすぎる戦力だ。マッテオ・グエンドウジを今夏に手放すなら、余計にセバージョスを手元に残したい。サポーターもセバージョスと一緒に来季も戦いたいと考えているはずだが、今夏に動きはあるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ