ロナウド、ついに悪夢から開放 「43本目」にして自信を取り戻す移籍後初FK弾[映像アリ]

ついに直接FKを沈めたロナウド photo/Getty Images

「自信を取り戻すためにも必要だった」

ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ようやく悪夢から解き放たれた。

4日に行われたセリエA第30節で、宿敵トリノとのトリノダービーに臨んだユヴェントス。開始早々の3分にパウロ・ディバラ のゴールで先制に成功すると、その後3点を加えて4-1の勝利を収め、前人未到9連覇へ向けて大きく前進した。

リーグ戦再開後3試合連続ゴール中で、調子を上げてきているロナウド。この試合でもスタメンに名を連ねると、1点リードした29分、鋭いカウンターからドリブルで相手陣内へ持ち込み、フアン・クアドラードをゴールをアシストした。

そして2-1で迎えた61分、ようやく待望のときが訪れた。ロナウドは、相手のハンドによりペナルティアーク手前で得たフリーキックのキッカーを務めると、代名詞である強烈な無回転シュートではなく、カーブをかけたコースを突くシュートでゴールを狙う。きれいに壁を越えたボールは、GKの手をかすめてゴール左隅に突き刺さったのだ。

ユヴェントス加入後なかなか直接FKからゴールを決めることができなかったロナウドだが、データサイト『opta』によると、「43本目」にしてようやく初FK弾をゲットした。セレブレーションの際には、フィールドプレイヤー全員で同選手を祝福。マウリツィオ・サッリ監督も両手でガッツポーズを決め、笑みがこぼれていたのが印象的だった。

また、ロナウドは試合後、伊『sky sport』のインタビューで「チームが、勝ちさえすれば、ゴールを決めるのは誰でも構わない」としながらも「自信を取り戻すためにも、FKからのゴールを決めることが本当に必要だったんだ」と心境を打ち明けている。



参照元:YouTube

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ