2週間で“激太り”していたけど…… 気になるレジェンドMFの現役復帰プラン

引退後は少しぽっちゃりとしていたスナイデル photo/Getty Images

ロッベンに続く現役復帰はあるか

2010南アフリカワールドカップで準優勝を達成するなど、オランダ代表として多くの成功を収めてきたFWアリエン・ロッベンがフローニンヘンのプレイヤーとして現役復帰することになった。

これに触発されたのだろうか。英『The Sun』によると、ロッベンと長らく代表で共闘してきた天才司令塔にまで現役復帰の可能性があるのではと取り上げている。

その選手とは、2019年にカタールのアル・ガラファにて現役引退を表明した元オランダ代表MFウェズレイ・スナイデルだ。

ロッベンは36歳で現役復帰を決定したが、スナイデルも同じ36歳だ。現役復帰するならば、その場所は生まれ故郷のユトレヒトになるという。スナイデルはアヤックスの下部組織で育ったため、地元のユトレヒトでプレイした経験がない。地元のサポーターはスナイデルの現役復帰を歓迎するだろう。

クラブのジョルディ・ズイダムTDも、状態が良いならば面白い案になると語る。

「我々は現役復帰の可能性について話したが、それは彼次第だね。今の彼にはそのアイディアを検討する時間があり、良いコンディションにあれば面白くなるだろう」

問題は体の部分か。スナイデルは現役引退を表明してからの2週間だけで激太りしていたことが話題を呼ぶなど、やや太りやすい傾向にある。ロッベンとは体の状態も違っているだろう。現役へ戻る前に体を絞る必要があるのは間違いない。

それでもエールディヴィジを盛り上げる面白いプランなのは確かで、ロッベンに続くレジェンドの現役復帰プランに注目が集まる。






●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ