アーセナル“1番手”センターバックの未来見えたか 24歳の実力者に集まる期待

アーセナルのホールディング photo/Getty Images

守備陣を統率する選手になれるか

来季からアーセナルのセンターバックをどうしていけばいいのか。サポーターも最終ラインのことが最も気になっているはずだ。

サンテティエンヌにレンタル移籍していたウィリアム・サリバが合流するのは大きな強みだが、重要なのはサリバだけではない。

アーセナルは25日にサウサンプトンを2-0で撃破したが、英『90min』が絶賛したのはDFロブ・ホールディングだ。

ホールディングはウナイ・エメリ前政権でも高い評価を得ていたが、大きな怪我があった。今季もなかなかトップチームで試合に出ることができなかったが、前節のブライトン戦から2試合続けてフル出場を記録。

サウサンプトン戦ではクリーンシートを達成したが、同メディアはホールディングが空中戦でも強さを発揮したと評価。センターバックの1番手になれる可能性を証明したと伝えている。

問題はこのフォームを続けられるかどうかだが、プレミアリーグ再開後に不安定なパフォーマンスを見せたダビド・ルイスよりはホールディングを優先した方がいいのではないか。

さらにアーセナルはパブロ・マリも獲得している。ホールディングがシーズンを通してプレイでき、サリバがフィットするならば最終ラインの不安は消えてくる。

アーセナル公式twitterのアンケートでも、サポーターはホールディングをサウサンプトン戦のMOMに選んでいる。まだサリバが若いことを考えると、24歳のホールディングこそ最終ラインを統率していくべきか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ