久保建英の流出は“バルサ最大級”のミス 「ファティの隣で見れないのは……」

マジョルカの久保 photo/Getty Images

しかもライバルのレアルの手に渡った

NEXTリオネル・メッシと呼ばれている選手は数多くいるが、レアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍している日本代表MF久保建英が現段階で最も近いかもしれない。

マジョルカでのパフォーマンスはそう思わせられるほどのレベルにある。バルセロナも今頃悔やんでいることだろう。久保を手放してしまったことはもちろんだが、ライバルのレアルへ奪われてしまったのだから。まさかレアルの久保建英が登場するとはバルセロナ側も予想していなかったはず。

スペイン『as』によると、カンテラのディレクターも務め、久保の才能を見つけた人物の1人であるジョアン・ビラ氏はバルセロナが久保を手放してしまったことを最悪のミスと語る。

「近年でもバルセロナにとって最大のミスの1つだろう。我々はクボを手放したこと、そしてマドリードの選手としたことを本当に後悔している。これはバルセロナらしからぬエラーだ。若い才能を手放すのは非常に深刻なことであり、さらに市場で高く評価されている選手なら余計に悪い。クボがファティの隣でプレイする姿を見ることができないと考えると、残念な感覚だよ」

バルセロナでは17歳のFWアンス・ファティが徐々に存在感を増してきており、当時のカンテラでは久保と揃って将来を期待されていた選手だ。古くからバルセロナを追いかけてきたサポーターの中には、久保&ファティのコンビ形成を期待していた人も少なくないはず。

それが今では数年後にレアルの一員としてクラシコで激突する可能性が高まってきている。予想外のシナリオで、久保が本格的にバルセロナを後悔させる日もそう遠くはないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ