アーセナルの“10番”は衰えたのか 成績で見る天才レフティー大苦戦

アーセナルのエジル photo/Getty Images

プレミア屈指のチャンスメイカーだったが……

アーセナルの10番がなぜか輝きを失ってしまった。ここ2、3年はサポーターもモヤモヤしていることだろう。

どこかキャリアの迷路に入り込んでしまったかのような印象を受けるのは、アーセナルMFメスト・エジルだ。

プレミアリーグ屈指のチャンスメイカーであることは間違いないのだが、ここ最近は調子が上がらない。

英『The Sun』が「アーセナルにおけるエジルの衰退」と題して成績を振り返っているが、今の状況を2015-16シーズンと比較すると明らかに物足りない。

当時エジルはリーグ戦にて6得点19アシストの成績を残し、シュートも47本打っていた。ところが、ここをピークに数字が減少していく。

出場試合数の関係もあるものの、2016-17シーズンには8得点9アシスト、シュート数は40本。

2017-18シーズンは4得点8アシストでシュート数は39本。本格的に落ちるのは次からだ。

2018-19シーズンは5得点2アシスト、シュート数は11本まで減った。そして今季もここまで1得点2アシストでシュート数は9本となっている。

31歳という年齢は老け込むには早すぎるが、エジルは衰えてしまったのだろうか。指揮官が代わっていく中でパフォーマンスを見失ってしまったところもあるのかもしれないが、ここ2シーズンの成績は許されるものではない。

果たしてエジルに復活の時はくるのか。サポーターは今でも天才爆発の時を待っているはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ