長谷部誠は“絶対的なキープレイヤー” 3バック復活の理由は日本の皇帝だった

フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

指揮官が絶賛する和製ベッケンバウアー

フランクフルトで“日本の皇帝”の居場所がまた用意されるようになった。今季はウインターブレイクから4バックを採用する機会も増えていた同クラブ。このシステム変更により、リベロとして出場を続けていた元日本代表MF長谷部誠の出場機会は一時減少していた。

しかし、リーグ戦再開後まもなくしてアディ・ヒュッター監督は再び3バックの採用に踏み切る。すると、そこから長谷部の存在感も再び大きなものとなり、今ではまたチームに欠かせない存在として36歳は機能している。4バックはなかなか結果が出なかったフランクフルトだが、3バックへ回帰してからはリーグ戦6試合を戦って4勝1分1敗と好成績を残している。

そんなシステム変更が幸いしたフランクフルトだが、なぜヒュッター監督はこの決断に至ったのだろうか。ファンとしては気になるところだが、その理由はなんと長谷部が大きく関わっていたのだという。リーグ戦第33節ケルン戦前の会見にて、指揮官は今季ここまでを振り返るとともに3バックに移行した理由を次のように語った。独『SGE4EVER.de』が伝えている。

「シーズン前半戦は物事がうまくいかず、何かを変えなければいけないと感じていたんだ。(ウィンターブレイクが明けた後の)ホッフェンハイム戦に勝利し、ライプツィヒにも2度勝った。だから4バックのへの移行が正しかったことは証明されたと思う。だけど、我々はフレキシブルに戦わなければならないんだ。マコト・ハセベがトップフォームに戻ったこともあって、今また3バックに戻したのさ。これは我々にポジティブな影響を与えているね」

「マコトは今でも非常に高いレベルでプレイすることができる選手だ。パーフェクトなプロフェッショナルであり、優れた戦術眼とルーティーンを持っている。重要な役割を担っているし、彼は我々にとって絶対的なキープレイヤーだよ。とても心強い存在だ。彼が私のチームにいてくれて、さらに契約を2021年まで延長してくれたことをありがたく思うね」

36歳を迎えながらも指揮官から全幅の信頼を寄せられる長谷部。フランクフルトではFW鎌田大地の活躍も注目されているが、昨季チームを引っ張ったベテランは今でも渋く輝いている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ