“31歳”でキャリア最高のペース バイエルンの鉄人FWが止まらない

バイエルンのレヴァンドフスキ photo/Getty Images

30ゴール超えはほぼ確実

中断期間をリフレッシュの時間に充てることが出来たのだろうか。バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ再開後から暴れている。

レヴァンドフスキは30日に行われたデュッセルドルフ戦で2得点を記録してチームの5-0勝利に貢献。これで今月17日のウニオン・ベルリン戦より、4試合で4得点奪ったことになる。

これで今季リーグ戦得点数は29にまで伸びた。第29節を消化した段階で、レヴァンドフスキのキャリアハイは2015-16シーズンに記録した26得点だった。今季はそれを上回ってきたことになり、31歳にして恐ろしい得点ペースを披露している。

まだライプツィヒFWティモ・ヴェルナーが24得点と粘っているため油断はできないが、今季もレヴァンドフスキがリーグ得点王に輝く可能性は高い。2017-18シーズンには29得点を挙げてブンデスリーガ得点王に輝いているが、今季はすでにその数字に並んだのだ。30点台に乗ってくるのは間違いない。

そうなると気になってくるのが、元バイエルンFWゲルト・ミュラー氏が持つブンデスリーガ1シーズン史上最多得点記録40に届くかどうか。

リーグ戦は残り5試合となっているため、かなり厳しいのは事実だ。ここまでレヴァンドフスキは1.07試合に1点のペースでネットを揺らしているため、ブンデスリーガ公式の試算では34得点で今季リーグ戦を終えることになるという。

ミュラー氏の記録まではやや遠いが、ミラクルを起こせるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ