「アイツは何も変わってない」 居場所失うアーセナル“期待の星”に辛辣意見

アーセナルで出場機会が激減しているグエンドウジ photo/Getty Images

「人間として成長できていない」

ウナイ・エメリ前監督にこそ重用されたものの、昨年12月のミケル・アルテタ新監督就任以降アーセナルで若きMFの将来が怪しくなってきている。21歳のマッテオ・グエンドウジだ。

エメリ政権下ではチームの中盤に欠かせないピースとして、存在感を示していたグエンドウジ。しかし、アルテタ監督が就任した後のウィンターキャンプにて、このヤングスターは指揮官やスタッフらと口論を繰り広げたという。以降、スタメン出場はガクッと減り、前半戦にアーセナルの希望となっていた男は今や崖っぷちの状況に追い込まれている。

そんなグエンドウジには、彼にアーセナル行きをお勧めした元同僚もご立腹な様子だ。その元同僚とはかつてアーセナルでもプレイし、ロリアン時代にグエンドウジのチームメイトだったジェレミー・アリアディエール氏。同氏はそろそろこの20歳は自身の態度を改めなければならないと、次のように語っている。英『Daily Mirror』が伝えた。

「マッテオは私のアドバイスを受けてアーセナルへ向かった。だが、彼はまだ人間として成長できていないように感じるね。残念なことだが、アーセナルに加入してもアイツは何も変わっていない。マッテオに足りないのはそういうところだよ。ミケル(・アルテタ)の下で彼がプレイしていない理由はまさにそれだ」

「マッテオは最高の選手になることができるはずだ。でも、きちんとした態度と物事に対する考え方を持ち合わせていなければ、そのキャリアを犠牲にすることとなるだろうね。プレイ以外の要因でマッテオが放出や構想外となれば、私はマッテオに腹を立てずにはいられなくなると思う」

ピッチの外で問題を抱える後輩に対して、かなり厳しい言葉をかけたアリアディエール氏。はたしてグエンドウジはこの先自身の行動を省みて、再びチームで重要な存在となることができるのだろうか。21歳は今こそ大人の階段を昇る時だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ