カイトがトップチームの監督に? 参謀は元スウェーデン代表のレジェンドか

2017年5月14日に行われたエールディヴィジ最終節(ヘラクレス戦)。カイトはハットトリックを達成し、フェイエノールトに18年ぶりとなるリーグタイトルをもたらした photo/Getty Images 

現在はフェイエノールトのU-19チームを指揮

かつてフェイエノールトやリヴァプールなどに在籍し、オランダ代表FWとしても活躍したディルク・カイト氏(39歳)。2015年の夏にフェネルバフチェから古巣フェイエノールトに舞い戻ると、勝てば優勝が決まる2016-2017シーズンのエールディヴィジ最終節(ヘラクレス戦)でハットトリックを達成。同クラブに18年ぶりとなるリーグタイトルをもたらし、この試合の数日後に現役引退を表明した。その後、2018年4月にクイック・ボーイズ(当時オランダ4部)の選手として現役復帰を果たしたものの、同年の夏に再度引退。現在はフェイエノールトのU-19チームの監督を務めている。

英『Daily Mail』によると、フェイエノールトはディック・アドフォカート現監督の参謀であるサイード・バッカティ氏がFCシンシナティに移籍したことを受け、トップチームの指導体制の再編を検討しているとのこと。クラブのレジェンドであるカイト氏をトップチームの指揮官、そして彼と同じくかつてフェイエノールトに在籍し、バルセロナやスウェーデン代表でもプレイしたヘンリク・ラーション氏をアシスタントコーチに据えることを画策しているようだ。アドフォカート現監督の契約が切れる2021年の夏に、カイト氏がトップチームの指揮官に就任する予定とトルコメディア『Milliyet』や『Ajansspor』が伝えているが、この噂は現実のものとなるのだろうか。フェイエノールトの監督人事から目が離せない。


【2016-2017シーズンのエールディヴィジ最終節、カイトのハットトリック動画】

参照元:youtube



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

  http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ