ハーランド、サンチョだけじゃない ブンデスで輝く20歳の“天才MF”忘れるな

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

バラックとエジルをMIXしたような超逸材

今、ドイツ・ブンデスリーガで最も注目を集めている若手といえば誰になるか。おそらく、FWアーリング・ハーランドとFWジェイドン・サンチョは多くの支持を集めることだろう。若手攻撃軍団・ドルトムントを支える二人のヤングアタッカー。ネームバリューは相当なものだ。

しかし、彼らの他にも欧州各クラブから熱視線を浴びるヤングスターがブンデスにはもう一人いる。それはレヴァークーゼンでプレイする20歳MFカイ・ハフェルツ。2016-17シーズンから徐々に頭角を現し、今季も絶対的なレギュラーとしてレヴァークーゼンの攻撃陣を牽引しているハフェルツ。昨季は類稀なる得点力も開花し、この若者はリーグ戦34試合で17ゴールを挙げた。先日行われたブンデス再開後一発目のブレーメン戦でも2ゴールを沈め、その勢いは留まるところを知らない。彼もまた、ブンデスでその将来を有望視されている若者だ。

そんなハフェルツはドイツのレジェンド2人をMIXしたような選手なのだろうか。かつてバイエルン・ミュンヘンなどで活躍したオーウェン・ハーグリーブス氏は、彼のことをミヒャエル・バラックとメスト・エジルの特長を合わせたような選手と評している。独『Spox』が伝えた。

「誰もがハーランドやサンチョに夢中だが、ドイツ人の選手という観点から見ればカイ・ハフェルツも話題になるべきだろう。彼は非常に特別な才能を持っていて、そのスタイルはまるでミヒャエル・バラックとメスト・エジルをMIXさせたかのようだよ。ゴールを奪えるし、それでいて優雅さも兼ね備えているんだ。彼はスーパースターだ。リヴァプールやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティでも問題なくプレイできるだろうね」

ハフェルツに最高級の評価を与えたハーグリーブス氏。しかし、その一方でこの20歳はもう少しレヴァークーゼンでプレイすべきだとも同氏は次のように続ける。

「だけど、その一方でハフェルツはまだトップクラブに行くべきでないと私は思うんだ。それは彼の成長を遅らせてしまう可能性があるからね。レヴァークーゼンでは出場機会も確保できているし、彼らしくプレイできている。ピーター・ボス監督も彼に適した指揮官だと思うよ。もし移籍するのなら、それはあらゆる面で正しく完璧なものにならないといけないだろう」

才能は確かだが、まだステップアップを焦る時期ではないとハーグリーブス氏にアドバイスされたハフェルツ。すぐにより高いレベルを経験すべきとの声もあるが、はたしてこの20歳は今夏どのような決断を下すのだろうか。自身が後悔するような選択だけはしてほしくないところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ