もはや映画のような“消毒ゲート”設置 トルコの名門で徹底コロナ対策が導入

選手やスタッフはこれを通ってスタジアムへ photo/ベシクタシュのTwitterより

手だけでなく体全体の消毒

新型コロナウイルスの影響で中断していた欧州各リーグも再開への準備を進めており、トルコのスュペル・リグでは6月12日の再開を目指す予定としている。

もちろん再開させるためには何らかの対策が必要となるのだが、驚きの取り組みを披露したのがトルコの名門・ベシクタシュだ。トレーニングする前にしっかりと消毒するため、スタジアムの入り口前に巨大なキャビネットが設置されているという。

選手やスタッフはマスクをつけた状態でそこを通る必要があり、20ほどある穴から消毒液が出るようだ。まるで映画の世界で見たような光景だが、手だけでなく体全体を消毒出来るなら理想的か。



英『Daily Mail』によると、これはトルコのソフトウェア会社によって開発されたようで、サッカーに限らず様々な場面で活躍できそうな設備ではある。多くの人が集まる場所では、検温やマスク着用に加えてこのゲートを通ることで予防になるかもしれない。

トルコのスュペル・リグは7月末までのリーグ終了を目指すとのことだが、安全を確保したうえで再開できるのか。また今季はチャンピオンズリーグ決勝の開催地がトルコのイスタンブールとなっているため、これに向けた準備も進めていく考えだという。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ