アーセナルの左SB争いを激化させる 指揮官期待のワンダーキッドとは

アーセナルでブレイクが期待されるティアニー photo/Getty Images

「何か特別なものをもたらしてくれる」

リーグ戦はまだ中断が続いているが、再開すればアーセナルはどのようなスカッドで試合に挑むこととなるのだろうか。ひとつ気になるのが左サイドバックのポジション争いだ。

ミケル・アルテタ監督就任以降、主にこのポジションを任されているのは中盤からコンバートされたブカヨ・サカだ。18歳の新星は見事この起用に応えていると言っていい。左サイドからの攻撃参加は相手とって脅威となっており、シンプルだが精度の高いクロスも絶品。人材難が生んだコンバートとはいえ、この左SB起用は大きな収穫だった。

しかし、本職の選手も忘れてはいけない。昨夏セルティックからやってきたキーラン・ティアニーだ。今季怪我でピッチから遠ざかる時間が増えているものの、ポテンシャルが一級品であることは間違いない。そんな若きレフティーにはアルテタ監督も期待大のようだ。

「ティアニーと一緒に仕事をして、彼にプレイする機会を与えることを本当に楽しみにしているよ。ティアニーの態度やトレーニングに取り組む姿勢、そして意欲は信じられないほどだ。彼は我々に何か特別なものをもたらしてくれると思うね。怪我は残念だったけどそれも成長の糧になるはずだ。キャリアではそういう時もあるさ」

指揮官がこのように語ったことを英『talkSPORT』が伝えている。数こそ少ないが、すでに出場した試合でファンへ好印象を与えているティアニー。アルテタ監督も怪我から復帰次第、この22歳を積極起用する構えのようだ。

アーセナルで輝き始める新たな才能。サカの成長も楽しみだが、アーセナルの左SBにはティアニーという本職の成長株がいることも忘れてはいけない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ