ケインのライバルだったFWは今どこに ベルギーから始まる逆襲劇

ズルテ・ワレヘムで結果を残したベラヒーノ photo/ベラヒーノのInstagramより

イングランドへの帰還もプランに

一時はトッテナムのFWハリー・ケインとも比較される存在だったにもかかわらず、ビッグクラブへ移籍できずにキャリアは転落。イングランド代表不動のエースとなったケインとは対照的な道を歩んだアタッカーがいる。

26歳のFWサイード・ベラヒーノだ。ベラヒーノはWBAでプレイしていた際にトッテナムへの移籍案も浮上していたのだが、結局成立はせず。2017年にはストーク・シティへ移籍したが、トレーニングへの遅刻など問題も積み重なって解雇されてしまう。

そんなベラヒーノが今季どこでプレイしていたか知っている人はどれだけいるだろうか。ストークを離れたベラヒーノはベルギーのズルテ・ワレヘムと契約を結び、そこで今季22試合8ゴール3アシストの成績を残したのだ。

コンペティションに違いがあるとはいえ、ベラヒーノがシーズンに8ゴール以上決めたのは2014-15シーズン以来のことになる。ベラヒーノとしても手応えを掴むシーズンとなったのではないか。

英『Daily Mail』によると、ベラヒーノはイングランドへの復帰も検討しているという。ベルギーでの活躍からイタリア、ロシア、フランスのクラブなどがベラヒーノに関心を示しているようだが、第一目標はイングランド行きとなるのだろうか。

「イングランドは僕がフットボールに夢中になった最初の地でもあるからね。チャンスがあるなら、もちろん検討するよ。ここまでベルギーでは素晴らしい時間を過ごした。異なるリーグに適応できることも証明したし、僕を信頼してくれたチームメイトと監督に感謝しかないよ」

ベラヒーノはこのように語っており、今季は復活への第一歩といったところか。まだ26歳と若いため、ここからトップレベルのアタッカーへ駆け上がることも可能だ。ケインに負けじとイングランドで結果を残せるのか。前述した2014-15シーズンには20ゴール6アシストという結果を残しているだけに、ベラヒーノ完全復活を期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ