魅惑の“両利きFW”が将来プレミアを支配する 器用さ抜群のワンダーキッド

左右両足で遜色ないレベルのキックを披露するグリーンウッド photo/Getty Images

同僚が絶賛する将来性

将来、イングランド・プレミアリーグを支配する可能性がある若手ストライカー。そう聞けば、現時点で思い浮かぶのはチェルシーのタミー・エイブラハムやエヴァートンのリシャルリソンといったところか。どちらもプレミアでその実力を認められているヤングストライカーだ。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドで今季頭角を現した18歳のワンダーキッドも忘れてはいけない。FWメイソン・グリーンウッドのことである。2019-20シーズンにここまで公式戦14ゴール4アシストを記録し、チーム内での地位を確立している同選手。彼もまた、プレミアにおけるトッププロスペクトの一人と見て間違いないだろう。

そんなグリーンウッドのポテンシャルには、チームメイトのFWオディオン・イガロも大きな期待を寄せている。イガロは自身のInstagramアカウントで行なったライブ配信にて、18歳のヤングタレントについて次のように語った。

「グリーンウッドはまだ若いし、とてもエキサイティングな選手だよ。とても優れていて、左足でも右足でもゴールを決めることができる。ユナイテッドの未来を担う選手だよ。今、メイソンは順調な成長を見せている。2,3年後にはさらに圧倒的な存在になっているだろうね」

稀有な“両利き”のプレイヤーとして、マンUファンの間ではお馴染みのグリーンウッド。FKは左足、PKは右足と、どちらの足で遜色なくボールを蹴ることのできる彼にはイガロもメロメロのようだ。

その圧倒的な器用さを武器に、メキメキと実力を伸ばしてきているグリーンウッド。この18歳がプレミアを支配する日はそう遠くないうちに訪れるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ