プレミア“史上No.1”のエンターテイメント!? 最も面白いチームに選ばれたのは[映像アリ]

圧倒的な攻撃力で制圧してきたマンC photo/Getty Images

魅惑の攻撃軍団が1位

プレミアリーグ史上最強のチームを決めるのは難しいが、「最も面白かったチーム」を決めるとすればどこになるだろうか。

ここでいう面白いとは、見ていて楽しいチームとの意味だ。英『Daily Mirror』が「プレミアで面白かったチームTOP10」なるランキングを作成しているが、やはり攻撃自慢のチームが目立つ。

10位:リヴァプール(2013-14)

9位:マンチェスター・ユナイテッド(2009-10)

8位:マンチェスター・シティ(2011-12)

7位:マンチェスター・ユナイテッド(2011-12)

6位:マンチェスター・シティ(2013-14)

5位:リヴァプール(2018-19)

4位:リヴァプール(2019-20)

3位:チェルシー(2009-10)

2位:マンチェスター・シティ(2018-19)

1位:マンチェスター・シティ(2017-18)




結果はこうなった。やはり攻撃力を考えても、ジョゼップ・グアルディオラが作り上げたマンCがプレミア史上最も面白いチームということか。特に2017-18シーズンは勝ち点も100に達し、リーグ得点数も106点まで伸びた。

3位にカルロ・アンチェロッティの指揮したチェルシーが入っているのも見逃せない。ディディエ・ドログバ、ニコラ・アネルカ、フランク・ランパードらを中心に102得点を叩き出し、こちらも圧倒的な攻撃力でプレミアを制覇している。

グアルディオラが作り上げたマンCの場合は、得点数に加えて美しいパスワークが1つの魅力となっている。攻撃のバリエーションも豊富で、相手の守備を完全に崩し切ってのゴールも目立つ。これもプレミア史上最も面白いチームと評価するにふさわしいものなのかもしれない。

・2017-18シーズンのマンCアシストTOP10



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ