“ジーニアス・中村俊輔”が恋しい ファン大絶賛のセルティック史に残る天才

セルティック時代の中村 photo/Getty Images

14年前の記憶

新型コロナウイルスの影響で各国のリーグ戦がストップしていることもあり、最近は過去のスーパープレイが頻繁に取り上げられている。

今からちょうど14年前の2006年4月9日、この日は日本の天才レフティーがスコットランドに魔法をかけた日だ。

その選手とは、もちろんセルティックで活躍した元日本代表MF中村俊輔である。

中村は2006年4月9日に行われたキルマーノック戦でフリーキックを含む2得点を記録し、チームの4-1勝利に貢献。フリーキックも絶妙だったが、2点目もペナルティエリアで相手DFをキックフェイントでかわしてからGKとの1対1を冷静に制したスーパープレイだった。

これを英『Transfer Tavern』も紹介しているのだが、セルティックサポーターから改めて中村を称賛する意見が相次いでいる。14年経った今も中村はセルティックサポーターにとって英雄なのだ。

「ナカが恋しい」

「ジーニアスだ」

「中村はレノン、ラーションに続くセルティックのベスト3プレイヤーだ」

中村の魔法の左足は今もサポーターの記憶に刻まれている。今は横浜FCでプレイしており、早くJ1の舞台で魔法の左足が見たい。今は新型コロナウイルスの拡大を抑え、安心してJリーグを開催できる日が1日も早く訪れてほしいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ