ノイアーでも9位!? “歴代最高GKランキング”で1位に選ばれたのは誰だ

バイエルンのノイアー photo/Getty Images

W杯優勝経験者が多数

史上最高のGKは誰だろうか。時代によって求められる仕事も変わるため、時代を超えたNo.1GKを見つけるのは難しい。それでもNo.1は誰かといった議論は常に盛り上がる。

今回は『90min』が史上最高のGKランキングを作成しているが、果たして1位に選ばれたのは誰なのか。トップ10を紹介する。

10位:ピーター・シルトン

9位:マヌエル・ノイアー

8位:ミシェル・プロドーム

7位:イケル・カシージャス

6位:ゼップ・マイヤー


W杯を制したブッフォン photo/Getty Images

5位:ゴードン・バンクス

4位:ディノ・ゾフ

3位:ピーター・シュマイケル

2位:レフ・ヤシン

1位:ジャンルイジ・ブッフォン




以上がトップ10だ。近年の世界最高GKの1人と言われてきたバイエルン所属のノイアーでも9位に留まっているのが、このランキングの恐ろしいところだ。

能力はもちろんだが、やはりタイトル獲得経歴も極めて豪華だ。元イタリア代表のブッフォン、ディノ・ゾフ、西ドイツ代表選手だったマイヤー、元スペイン代表のカシージャス、ドイツ代表のノイアーの5人はワールドカップ優勝の経験を持っている。

他にもGKとして初のバロンドールを受賞した故レフ・ヤシン氏、1970ワールドカップで史上最高とも呼べるパフォーマンスを披露した故バンクス氏、同メディアが1990年代最高のGKだったと称える元マンチェスター・ユナイテッドのシュマイケルなど、とんでもない顔ぶれとなっている。

2002日韓ワールドカップでも活躍した元ドイツ代表のオリバー・カーン(13位)、チェルシー時代は世界最高とも言われていたペトル・チェフ(16位)でもトップ10には入ることができなかった。

今も現役を続けるブッフォンが1位と評価されることになったが、ブッフォンが歴代最強のGKなのだろうか。ワールドカップのタイトルに加え、長くトップレベルで活躍していることも評価の理由となっているようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ