ラニエリがレスターで“奇跡”を起こした秘訣は 手腕光ったチーム管理

2015-16シーズンのプレミアでレスターを優勝へ導いたラニエリ監督 photo/Getty Images

ミラクルの裏で細かな目標設定

2015-16シーズンのイングランド・プレミアリーグでは“奇跡の優勝”を成し遂げたレスター・シティ。開幕前の目標としてプレミア残留を掲げていたはずの中堅クラブが、世界最高峰とも謳われる同リーグでタイトルを手にしたことに驚いた人は多かっただろう。今思えばMFエンゴロ・カンテやMFリヤド・マフレズ、FWジェイミー・バーディなどといった実力者が揃ってはいたのだが、これがサッカー界に衝撃を与えるビッグサプライズであったことは間違いない。

そんなチームを指揮したのがクラウディオ・ラニエリ監督だ。チームに徹底した守備意識を植え付け、欧州屈指の強豪クラブをバッタバッタとなぎ倒していった指揮官。それまで優勝争いとは全く無縁だったクラブをいきなりプレミア初制覇へ導いた老将は、いかにしてレスターを頂点へと導いたのか。ミラクルから4年の時を経た今、伊『Sky Sport』がラニエリ監督へインタビューを行なっているのだが、その中で同監督が当時心掛けていたことを語っている。

レスターのプレミア優勝は間違いなくサプライズだった photo/Getty Images

「選手たちにあまり多くの責任を感じさせないことが重要だったんだ。彼らに多くのプレッシャーがかかることを私は懸念していたのさ。本来は残留を目指すようなチームだったからね。でもいつの間にか我々はビッグクラブと対決することになっていたんだ。当初、我々は少しずつ目標を立ててシーズンを戦いたかった。最初は降格回避、次に欧州コンペティションへの参加、最後にタイトル争いというふうにしたよ。シーズンの最後までこの手法を実践していたね。選手たちのために優勝争いをドラマにはしたくなかったのさ」

当時ラニエリ監督は小さな目標を細かく設定し続けることで選手へのプレッシャーを軽減させるよう努めていたという。同時にそれは終盤戦の優勝がかかった時期にもうまく機能したか。よく目の前の一戦の積み重ねが大事と言うが、ラニエリ監督はシーズンを通してそれをきちんと実行できたようだ。

そして、同監督は選手もモチベーション管理の方法についても言及。目標を達成するごとに“ご褒美”を与えることで、彼は選手のやる気を引き出していたという。その例を一つ挙げ、68歳の老将は次のように続けた。

「リヴァプール、マンチェスター・シティ、アーセナルといった素晴らしいクラブとの3連戦を強いられた期間があったんだ。あの時、選手は冗談交じりに『この3連戦で獲得したポイントに応じて休暇をくれ』と言ってきてね。バーディなんかは9ポイント取ったら1週間オフにしてくれと求めてきたよ。そこで私は結局アーセナルに敗れてしまったけど、その後選手たちに1週間の休暇を与えたのさ」

シーズン終盤戦には少々オマケもつけていたという。人々はレスターのプレミア制覇を“ミラクル”と持て囃すが、その裏ではこういった指揮官の細かな気遣いが選手に活力を与えていたのだろう。中堅クラブを優勝へ導いたラニエリ監督のチームマネジメント。サッカー以外でもこれは参考にできそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ