吉田麻也、待望のセリエAデビュー 新たな一歩を踏み出した心境は?

ヴェローナ戦でセリエAデビューを飾った吉田麻也 photo/Getty Images

伊メディアも及第点の評価

サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也が、イタリアの地で新たな一歩を踏み出した。

8日、延期されていたセリエA第26節が行われ、サンプドリアとヴェローナが対戦した。今冬の移籍市場でサウサンプトンからレンタル移籍で加入した吉田は、新型コロナウイルスの影響などもあり、ここまでなかなかで出番を得ることができず。しかし、この一戦でセンターバックの一角としてスタメンに抜擢され、待望のセリエAデビューを飾ると、フル出場を果たして2-1の勝利に貢献した。

伊『TUTTOmercatoWEB』はそんな吉田に対して及第点となる「6」の評価をつけ、「セリエAで初めてスタメンに名を連ね、前半はサンプドリアのDF全体と同じように苦しんだ。しかし、後半には彼が持っている闘志を披露することができていた」と綴った。また、同メディアは吉田の試合後のコメントも伝えている。

「プレイするまでに長い時間を持つこととなったが、今日の試合でも準備ができていることはわかっていた。重要な勝ち点3を手にしたし、これを続けていきたい。徐々に成長もしているし、常に良くなっていると思うよ」

「コロナウイルスの状況? (中止の可能性もあったパルマ対SPAL戦で)何が起こっていたのかはわからないけど、私は自分自身とヴェローナ戦のことだけに集中していたよ。そして、その(試合の)結果にも満足している。できるだけ早く、サッカーを思う存分楽しめるようになることを願っている」

サンプドリアとのレンタル契約は今季終了までとなっているが、セリエAの残りの試合で吉田がどんなプレイを披露するのか注目だ。今後の活躍にも期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ