名将ヴェンゲル、アーセナル時代の愛弟子ジルーの“弱点”を暴露

アーセナル時代に師弟関係にあったヴェンゲル氏とジルー photo/Getty Images

左からのクロスが苦手?

チェルシーは22日にトッテナムと対戦し、2-1の勝利を収めている。トッテナム戦で貴重な先制点を奪い、勝利に大きく貢献したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーだが、この試合の前に恩師により“弱点”を暴露されていたようだ。

昨年11月末以来、約3ヶ月ぶりにスタメンに名を連ねたジルー。15分に自らの裏への抜け出しでチャンスを作ると、ポストに直撃したメイソン・マウントのシュートの跳ね返りを拾い、左足でゴールネットを揺らした。今季ここまで思うような出場機会を得られていなかった同選手だが(リーグ戦7試合出場)、終盤戦での巻き返しへ向けて、見事フランク・ランパード監督の期待に応えて見せたのだ。

英『football.london』によると、かつてアーセナルの指揮官を務めた名将アーセン・ヴェンゲル氏が、トッテナム戦の前に教え子でもあるそんなジルーについて語っていたとのこと。その際、「フランス代表の一員として、ジルーのEURO2020出場の可能性」について問われると、「彼はたくさんのものをもたらすことができるが、同様に多くの危機にも瀕している。彼がEUROでプレイしたいと思っているのならばね。そしてもちろん、彼はプレイするいくつかの試合でその判断が下されることも知っている。今日の試合でもフランスにいるたくさんの人々が、オリヴィエ・ジルーがどんなプレイをするのか見るために、試合を見ることだろう。彼は本当にEUROへ行くチャンスがあるのか。これは我々不軟崇神が持っている疑問だからね」と答えた。

そして「彼のファイナルサードでのフィジカルは強大。彼は常に危険な存在だ」や「彼は様々な選手と組み合わせることができる。彼が集中していれば素晴らしい組み合わせになるんだ」とポジティブな面を述べた一方で、「問題はチェルシーが(左サイドの)マルコス・アロンソからクロスを入れることだろう。ジルーを活かすなら左からのクロスよりも右からのクロスのほうが良い。なぜだかはわからないが、クロスが左から来た時に彼は、いつもファーへ行き過ぎてしまい、よくゴールを外してしまう。右からのクロスは我慢強く待てるだけどね。彼は右からのクロスのほうがより危険な存在なんだ」と明かしたのだ。これを取り上げた同メディアは「ヴェンゲルがストライカーの弱点を特定した」と綴っている。

実際にトッテナム戦でも、先制点へつながったジルーの絶妙な裏への抜け出しはクロスではなかったものの、センターサークル右にポジションをとっていたジョルジーニョからの右斜め後ろからのスルーパスだった。ヴェンゲル氏が言うように、ジルーは右側からくるボールの方がタイミングがとりやすいのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ