ユーヴェがCL制覇できないのは“呪い”のせいじゃない 「そんなものはない」

2016-17シーズンのCL決勝でレアルに敗れたユヴェントス photo/Getty Images

元指揮官が主張

ユヴェントスはチャンピオンズリーグで優勝できない。どこかそんなイメージはないだろうか。実際にはその歴史で2度の欧州制覇を果たしているのだが、あと一歩でビッグイヤーを逃している印象は強い。

そう思うのも無理はないか。ユヴェントスはCLの歴史において、最多の準優勝回数を記録しているクラブなのだ。その数は実に7度。国内では無類の強さを誇る彼らだが、CLではどうも勝負どころに弱い。2016-17シーズンの決勝でレアル・マドリードに敗れた際には、伊『Gazzetta dello Sport』も「呪いだ!」と書き立てた。

最後の最後で涙を飲むユヴェントス。しかし、そうなっているのは、紛れもなく自分たちの実力のせいと元指揮官は主張する。昨季まで同クラブの監督を務めたマッシミリアーノ・アッレグリ氏は、この“呪い”について自身の考えを次のように語った。伊『la Repubblica』が伝えている。

「呪いなんてものはないよ。私が指揮した際に、ユヴェントスはCLで2回決勝まで勝ち進んだ。相手は当時最強だったレアル・マドリードとバルセロナ。実力で差がついたんだよ。本当に呪いなんて全く関係ないね」

アッレグリ監督は呪いなどというものがなくても、ユヴェントスは負けていただろうと当時を振り返っている。いずれも1-3、1-4で敗れているだけに、無理もないだろう。

はたして、今季のユヴェントスはCLで一体どこまで駒を進めることができるのだろうか。そろそろ悲願の欧州タイトルを手にし、トリノのファンと喜びを分かち合いたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ