プレミアで別次元のレベルにいる司令塔 “アンリ超え”狙える天才MF

今季圧巻のパフォーマンスを披露しているデ・ブライネ photo/Getty Images

PFA年間最優秀選手に推す声も

今季のイングランド・プレミアリーグもそろそろ終盤戦に入ろうとしている。リヴァプールが無敗で首位を独走していることもあり、優勝の行方も気になる時期が近づいてきたと言っていい。

しかし、気になるのはそれだけでない。PFA年間最優秀選手賞の受賞者争いが熾烈を極めている。現時点で候補に挙がるのは、リヴァプールで絶大な影響力を誇るエジプト代表FWモハメド・サラーやオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクあたりか。最近ではキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンを推す声も出始めている。いずれもリヴァプールの選手だが、ここまで圧倒的な強さを誇っているだけに無理もないか。

しかし、かつてリヴァプールなどで活躍した解説のジェイミー・レドナップ氏が推すのはリヴァプールの選手ではない。マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。現地時間19日に行われたリーグ戦第26節延期分のウェストハム戦後、レドナップ氏はこの司令塔に関して次のように語っている。

「ピッチ上にいる時のデ・ブライネは誰よりも抜きん出た存在だよ。最初はダビド・シルバを超えるとは思わなかったけど、今の彼はマンCを次のレベルに引き上げているね。今日なんかは彼の周りに力場があるかのようだった。誰も彼にタックルを仕掛けることを許されなかったんだ。デ・ブライネのパスはどれも魅力的で、相手の守備陣を切り裂いていた。ボールを持っていなくても素晴らしい動きができるしね」

「彼は別次元にいると思うよ。マンCがベストなチームかと言われればそうではないが、デ・ブライネは最優秀選手にふさわしい。他のライバルも強敵だけど、私は彼こそがプレミアで最高の選手だと思うな。リヴァプールの選手が受賞するかもしれないけれど、デ・ブライネの水準に届いている選手は他にいない」

レドナップ氏がこのようにデ・ブライネを絶賛したことを英『Daily Mail』が伝えている。たしかに今季の彼はこれ以上なく絶好調。ここまで記録している16アシストは、かつてアーセナルで活躍した元フランス代表FWティエリ・アンリ氏の持つプレミア記録(20アシスト)にあと「4」まで迫っている。残り12試合時点での数字だけに、記録が更新される可能性は高い。レドナップ氏は「別次元にいる」と表現したが、まさにその通りと言えるだろう。

チームの優勝は厳しくなってしまったが、驚異的なパフォーマンスで最高級の輝きを放ち続けるデ・ブライネ。はたして、この天才司令塔は今季PFA年間最優秀選手を獲得することができるのだろうか。このトップフォームを最後まで維持したいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ