“Newデンベレ”が見せた希望の光 トッテナムで輝く万能MFへの期待

トッテナムのロ・チェルソ photo/Getty Images

中盤からボールを運べるレフティー

ハリー・ケインとソン・フンミンを負傷で欠く難しい状況に立たされているトッテナム。そんなチームを懸命に引っ張ろうとしていたのは、Newムサ・デンベレと称えられたテクニシャンMFだ。

トッテナムは19日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでライプツィヒと対戦したが、英『Squawka』がこのゲームでNewデンベレと絶賛したのはMFジオヴァニ・ロ・チェルソだ。

ロ・チェルソは中盤では巧みな技術で冷静にパスを繋ぎ、カウンター時には縦への推進力で見事な突破を披露するなど、何とかチャンスを生み出そうと奮闘していた。

結果は0-1の敗戦だったが、サポーターもロ・チェルソのパフォーマンスには納得しているのではないか。同メディアのデータではロ・チェルソは敵陣でのパス成功数がチームトップで、シュート本数3本もトップ。ドリブル成功数4回もトップとなっている。

ロ・チェルソは昨夏にレンタルでチームに加わり、今年1月に完全移籍でトッテナムに加入することが決まった選手だ。このゲームを見れば、大きな戦力であることが分かってくる。

同メディアが比較したデンベレとは異なる部分があるものの、中盤からボールを運べる推進力や巧みな足下の技術、そしてレフティーなのはデンベレとの共通点と言える。デンベレは昨年1月に中国へ向かい、この冬にはクリスティアン・エリクセンもインテルへ移籍した。ロ・チェルソは中盤のチャンスメイカーとして重要な存在になってほしい選手だ。

トッテナムは2ndレグでもベストメンバーを揃えられない苦しい状況にあるが、逆転勝利へ誰がチームを引っ張っていくのか。前線の層が薄くなっているだけに、デル・アリやロ・チェルソ、タンギー・エンドンベレなど中盤の選手たちの奮闘に期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ