東京五輪世代の“浪速のメッシ”が苦戦中 スコットランドでまさかの出番減少

ハーツの食野 photo/Getty Images

チームのキーマンだったはずが……

浪速のメッシとの呼び名もある東京五輪世代注目のアタッカーがスコットランドで難しい状況を迎えている。

英『Edinburgh News』が注目しているのは、スコットランドのハーツでプレイするMF食野亮太郎だ。ガンバ大阪からマンチェスター・シティへ移籍し、そこからハーツにレンタル移籍。ハーツで経験を積んで将来的にマンCへ戻るのが理想のシナリオだった。

実際にハーツ移籍後も高いテクニックを披露し、いくつかビューティフルゴールも決めていた。ハーツでのスタートは順調だったはずなのだが、監督交代から状況が変わり始めているのだ。

最下位に沈むハーツは昨年12月にダニエル・シュテンデルが指揮官に就任。そこからベンチスタートも増えており、同メディアも食野の序列が変わってきたと主張する。

「序盤のインパクトを考えると、誰も若手のユアン・ヘンダーソンやルイス・ムーアらのように食野の序列が下がるとは予想できなかった。しかしこれが食野の現実だ。シュテンドルに指揮官が代わってからは12試合中4試合しか出場していない」

代表戦の影響で離脱していた時期があったものの、食野の出番が減少しているのは間違いない。東京五輪世代では2列目に堂安律や久保建英などタレントが揃っているため、食野がメンバーへ入るにはクラブでしっかりとアピールしておかなければならない。現在はチームも苦しい状況にあるが、食野は再びチームのキーマンへと返り咲けるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ