マンU新加入MFが見せる異次元の適応力 “変幻自在の司令塔”が名門を救う

ウォルバーハンプトン戦で新天地デビューを飾ったB・フェルナンデス photo/Getty Images

「思考速度が明らかに速い」

25歳のポルトガル代表は今季苦しむイングランドの名門を救う事ができるか。今冬マンチェスター・ユナイテッドに加入したMFブルーノ・フェルナンデスには大きな期待がかかっている。

マンUが彼の獲得に要した移籍金は5500万ユーロ(約66億円)にものぼったとされる。これは今冬移籍市場における欧州5大リーグ最高額。金額を見れば、同選手にクラブがどれだけ期待をかけているかが見て取れるだろう。大金をかけて確保した逸材だけに、B・フェルナンデスには即戦力として一刻でも早くチームに違いをもたらす事が求められる。

とはいえ、デビュー戦の出来は合格点と言えるものだった。B・フェルナンデスは1月30日の正式サインからわずか2日後のプレミア第25節のウォルバーハンプトン戦でいきなり先発出場となったが、トップ下の位置でチーム2位となる111回のボールタッチ数を記録。パス成功率も78.4%と、試合を通して高いレベルのパフォーマンスを披露した。

デビュー戦でいきなりインパクトを残したB・フェルナンデス。一体なぜ、彼はここまですぐチームに馴染む事ができたのだろうか。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、彼の思考速度がそれを助けていると分析している。

「フェルナンデスは全体的にとても優れた選手だよ。そして彼の思考速度は他の選手よりも明らかに速い。彼はチームへ馴染むために必要なものをいくつも持っているよ。そのおかげで彼は我々に適応し、我々もまた彼に適応できる。パスのレンジ、配球力、そして彼自身の動きを見る限りすぐに順応できるだろうね。フェルナンデスがここでのプレイを楽しめているようで私は嬉しいよ」

クラブ公式サイトに対して、指揮官はこのように語っている。B・フェルナンデスは味方に合わせて自身のプレイスタイルやスピードを調整する能力が人一倍優れているということか。どうやらこのポルトガル代表MF、修正力は異次元のレベルにあるようだ。

先日はチームメイトのDFディオゴ・ダロトからも、その適応能力を「まるでチームに2年くらいいたかのよう」と絶賛されたB・フェルナンデス。はたして、彼はこの調子で今後もチームに勢いを与え続ける事ができるだろうか。今冬マンUにやってきた“変幻自在の司令塔”は、悩める名門を救うべく今立ち上がる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ