「もっと時間が必要だった」 エメリがアーセナルでの時間を振り返る

昨年11月にアーセナルの監督を解任となったエメリ photo/Getty Images

「トッププレイヤーの中には……」

昨年11月にアーセナルの監督を解任となったウナイ・エメリ氏。夢半ばでロンドンを去った同氏がガナーズで過ごした時間を振り返っている。

かつてセビージャでヨーロッパリーグ3連覇を果たし、2017-18シーズンにはパリ・サンジェルマンで国内3冠を成し遂げたエメリ氏。だが、そんな同氏でもこの悩める名門を復活させることはできなかった。1年目こそそれなりの成果(EL準優勝、プレミア5位)出したかのようにも思われたが、就任2年目となった今季は低迷。オフシーズンに大補強を敢行したはいいものの、昨季までチームのまとめ役を務めていた選手が次々と退団し歯車が狂ってしまった。現地報道によると、解任が差し迫った頃には選手との関係が相当悪化していたとも伝えられている。

そんな解任劇から2カ月ほどの時間が経過したが、ここにきてエメリ氏がアーセナルで過ごした1年半を回想。自身が就任した時点で低迷期に突入していたチームを立て直すには、もっと時間が必要だったと同氏は強く主張している。英『THE Sun』が伝えた。

「私がチームに加わった時、彼らは下り坂の時期にあった。だが、我々は彼らの低迷を食い止めたんだ。ヨーロッパリーグではチームを決勝まで導いたし、プレミアリーグでは5位になったじゃないか。今季はすべてがうまくいかなかったよ。キャプテンだった(ローラン・)コシェルニー、(ペトル・)チェフ、(アーロン・)ラムジー、(ナチョ・)モンレアルの4人を同時に失ったんだ。そんな状況でトッププレイヤーの中には適切な態度を示せない人間もいたね。自分がチームに与えているもの以上の見返りを求めている選手がいたのさ。アーセナルを自分が思い描いていたチームにするためには、もっと時間が必要だったよ」

自身の仕事をもう少し長期的なスパンで見てほしかったと主張したエメリ氏。一部選手に対する非難の言葉も交えながら、古巣に対する不満を明らかにしている。

とはいえ、あのままエメリ氏が監督を続投していてもアーセナルが浮上のきっかけを掴めたかは怪しいところ。実際、当時のエメリ・アーセナルに希望を持っていた人がどれほどいただろうか。同氏の気持ちも理解できるが、この世界は結果が全てだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ