構想外からの復活を 変わり始めるバイエルン・ベテランセンターバックの評価

バイエルンのボアテング photo/Getty Images

怪我人が出たことでチャンスが

昨夏にはフランス代表のロシアワールドカップ優勝コンビであるDFリュカ・エルナンデス、DFバンジャマン・パヴァールの2人が合流したこともあり、バイエルンでは最終ラインの世代交代が行われる予定だった。

これで立場が危ういものになると思われたのが、ベテランのジェローム・ボアテングだ。バイエルンでは若いニクラス・ズーレもいるため、センターバックの人員は十分だ。昨年にはバイエルンのウリ・ヘーネス会長もボアテングに新天地を勧める発言をしており、評価を落としていたボアテングは構想外と考えられていた。

ところが、エルナンデスとズーレがまさかの長期離脱。バイエルンはプランが狂うことになり、ここでボアテングに出番が巡ってきたのだ。当初は不安もあったはずだが、ブンデスリーガ公式もボアテングのパフォーマンスをある程度評価している。

特に指揮官がハンジ・フリックに代わってからは評価が上がっており、リーグ戦でも直近3試合でフル出場を記録。チームの連勝に貢献している。

クラブのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOも「ヘーネスの発言も間違いではなかった。あの時は今とはタイミングも違っていた。ジェロームのプレイは良くなっており、フリックの下で安定感を取り戻したと思う」と称える。昨夏時点とは明らかに評価が違ってきているのだ。

ボアテングはドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴから事実上の構想外を言い渡された選手の1人だが、同じ扱いを受けたバイエルンFWトーマス・ミュラー、ドルトムントDFマッツ・フンメルスは評価が急上昇。もう1度ドイツ代表に呼ぶべきではないかとの意見まで出てきている。

ボアテングもそれに続きたいところで、フリックの下で何とか世界トップレベルのセンターバックとの評価を取り戻したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ