“55%”のサポーターが無冠を覚悟する 国王杯落としたバルサに漂う停滞感

バルセロナはタイトルを獲得できるか photo/Getty Images

2013-14シーズンぶりの無冠となるのか

バルセロナはこのままで大丈夫なのだろうか。

スペイン国王杯・準々決勝ではアスレティック・ビルバオに0-1と敗れてしまい、嫌な空気がチームを包んでいる。今後はリーグタイトルとチャンピオンズリーグのタイトルを目指して戦っていくことになるが、ここ最近のパフォーマンスからサポーターもチームに疑問を抱き始めているのだ。

スペイン『MARCA』は国王杯を落としたタイミングでサポーターにアンケートを取っているが、「今季無冠で終わる」と答えた者が55%もいる結果となった。仮に無冠で終われば、2013-14シーズン以来のこととなる。

国内リーグではライバルのレアル・マドリードが調子を上げており、現時点では間違いなくレアルの方が安定している。リーグタイトルなら獲れると答えたサポーターも18%に留まっているため、今季はレアルにタイトルを奪われると考えている人が多くなっているようだ。

バルセロナが狙うはリーグとチャンピオンズリーグのダブルだったはずだが、今もそれを望むことはできるのか。シーズン途中に指揮官交代まで起きており、不安がサポーターを包んでいる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ