東京五輪世代の“エース候補”がピンチ? PSVで堂安律のブレイクはまだか

PSVの堂安 photo/Getty Images

納得できぬ新戦力に

ボローニャ所属DF冨安健洋、マジョルカでプレイするMF久保建英、PSV所属MF堂安律は、東京五輪世代の日本代表における中心選手と考えられてきた。

しかし、彼らが東京五輪で万全の結果を残すにはクラブで出場機会を確保しておく必要がある。ボローニャの冨安はこの条件を満たしているが、今難しい状況にあるのが堂安だ。

今季のPSVは開幕から調子が上がらず、シーズン途中に指揮官マルク・ファン・ボメルを解任。後任にはエルネスト・ファベルが就任することになり、ファベルはフローニンヘンで堂安を指導したことがある人物だ。堂安にとってはプラスの人事になると考えられたが、堂安のプレイタイムは伸びてこない。

2日にはアヤックスとの大一番があったが、堂安は90分間ベンチのままだった。オランダ『Soccernews』は昨夏に獲得した新戦力の働きが不十分だと伝えており、このゲームでは昨夏に加えたDFティモ・バウムガルトルも出場機会がなかった。

もう1人厳しい状況にあるのがFWブルーマで、1500万ユーロで獲得されたブルーマもここまでリーグ戦3得点のみに留まっている。今冬にはFWステーフェン・ベルフワインがトッテナムへ移籍したため、本来であればブルーマと堂安がこの穴を埋めていかなければならない。

堂安はリーグ戦直近3試合で11分間しか出場していないが、ここからシーズン終盤へ調子を上げていけるのだろうか。東京五輪世代のエース候補として納得いく状況ではない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ