リヴァプールを待つ危険な“6試合” 無敗を止めるのはどのクラブだ

無敗を継続するリヴァプール photo/Getty Images

他クラブは意地を見せるか

リーグ戦23試合を消化しても未だに無敗。プレミアリーグで首位を走るリヴァプールには、2003-04シーズンにアーセナルが達成して以来となる無敗優勝の可能性も見えてきている。

とはいえ、まだまだ難しいゲームは残っている。リヴァプールにとって危険なゲームはどれなのか。今後のスケジュールから、英『90min』が注目すべきカードをいくつかリストアップしている。

1.VSワトフォード(2/29)



ワトフォードは現時点で19位に沈んでおり、実力的にリヴァプールの敵ではない。しかし、前回対戦はやや不気味だった。12月に行われたゲームでリヴァプールは2-0の勝利を収めているが、ワトフォードにも得点を奪うチャンスがあった。次回はワトフォードのホームで戦うことになり、同メディアはリヴァプールが苦戦する可能性もあると見ているようだ。

2.VSエヴァートン(3/16)



こちらも順位表に差はあるが、これはダービーマッチだ。イングランド屈指の激しいバトルとなるこのカードでは、何が起こるか予想不可能だ。しかも次回はエヴァートンでのホームゲームで、リヴァプールはリーグ戦におけるアウェイでのマージーサイド・ダービーには2016年以来勝っていない。その時もFWサディオ・マネが後半アディショナルタイムに決めたゴールでの勝利となっており、楽なゲームとはならないだろう。

現在エヴァートンを指揮するカルロ・アンチェロッティはナポリを指揮していた際にチャンピオンズリーグでリヴァプールを巧みに封じこんでいる。こちらも不気味な要素となる。

3.VSクリスタル・パレス(3/21)



このゲームはアンフィールドで行われるため、圧倒的にリヴァプール優位だ。しかし、クリスタル・パレスはアンフィールドの地で白星をもぎ取った最後のチームでもある。2017年の4月にアンフィールドで2-1の勝利を収めており、油断は禁物だ。

4.VSマンチェスター・シティ(4/4)



これは単純にどちらが勝ってもおかしくない現プレミア最強カードだ。しかも今回はマンCの本拠地に乗り込むことになっており、シーズンで最もハードなカードと言ってもいい。無敗がストップする可能性も高いと言える。ここが正念場だ。

5.VSアーセナル(5/2)



ここまで無敗を維持していればお見事で、残りはこのアーセナル戦を含め3試合となる。おそらくこの頃にはリヴァプールの優勝が決まっているだろうが、アーセナルとしては自分たちが打ち立てた2003-04シーズンの記録に並ばれるわけにはいかない。順位は関係なく、意地で無敗優勝を止めにくるはずだ。

6.VSチェルシー(5/9)



難しいカードはまだ続く。リヴァプールにとってシーズン終盤のチェルシー戦はあまり良い思い出がない。スティーブン・ジェラードのスリップ事件が最も印象的だが、再び何らかのアクシデントが起こるかもしれない。


チェルシーに勝利すれば、ラストはアウェイでのニューカッスル戦のみ。上記の6カードを負けなしで切り抜ければ伝説が見えてくるが、リヴァプールに黒星をつけるチームは出てくるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ