NEXTロッベンかNEXTアラバか バイエルンのスピードスターはどこを目指す

バイエルンのアルフォンソ・デイビス photo/Getty Images

思わぬブレイクで広がる未来

アリエン・ロッベン、フランク・リベリの後継者候補の1人として獲得した選手が、ダビド・アラバの後継者候補にもなるかもしれない。

現在のバイエルンで新たなユーティリティプレイヤーとして注目を集めているのが19歳のFWアルフォンソ・デイビスだ。2019年1月にバイエルンへ合流したデイビスは、当初スピード自慢のアタッカーと考えられていた。

しかし、ブレイクしたポジションは左サイドバックだ。左サイドバックはアラバのものだったが、今季は最終ラインに負傷者が出たこともあってアラバをセンターバックに回す機会が出てきた。そこでデイビスを左サイドバックで起用することになったのだ。

これが想像以上にフィットすることになり、デイビスは自慢のスピードで広範囲をカバーすることができる。昨年10月26日のウニオン・ベルリン戦からは10試合連続で先発しており、すっかりバイエルンに欠かせぬ選手となりつつある。

ブンデスリーガ公式も、「ダビド・アラバの後継者か、はたまたウイングのアリエン・ロッベンの後継者か。デイビスが向かう方向性はバイエルンが直面している問題だ」と伝えており、今のバイエルンは嬉しい悩みを抱えている。まだ19歳であることを考えると、答えをすぐに出す必要はない。必要に応じてサイドバック、ウイングをこなしていけばいいだろう。

以前バイエルンのハサン・サリハミジッチSDは「彼は世代最高の選手の1人だったと思ったから、獲得した。サポーターは彼のようなスピード、テクニック、フィジカルを備えた若手を待っていた。彼はバイエルンで本当に重要な選手になれる」と語っていたが、今の活躍ぶりを考えるとこの発言も説得力がある。デイビスがこれほど早い段階から重要な存在になると予想していたサポーターは多くなかったのではないか。

バイエルンは昨夏にフランス代表DFリュカ・エルナンデスも獲得しており、エルナンデスもセンターバックと左サイドバックの両方をこなす選手だ。左サイドバックでデイビスが機能すると分かった今、バイエルンでは最終ラインの選択肢が増えてきている。

数年後にデイビスがどのような選手へと成長しているのか。アラバも28歳を迎えているため、アラバの後継者候補として育てるのもいいだろう。あるいはキングスレイ・コマンが負傷がちということを考え、将来的にはウイングで起用してもいい。道は広がっており、将来が非常に楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ