デビューの南野、実は負傷していた? それでもクロップは「並外れていた」

マネに代わりプレミアのピッチに立った南野 photo/Getty Images

ついにプレミアデビュー

リヴァプールの南野拓実が、第24節のウォルバーハンプトン戦でついにプレミアデビューを果たした。33分に負傷のサディオ・マネに代わって出場すると、サイドの攻撃的なポジションに入ってプレイした。得点やアシストはなかった。

負傷した選手に代わる交代出場という形だった南野のデビュー。これについてクロップ監督は、実は南野自身も負傷していたと明かした。英『Daily Mirror』がコメントを伝えている。

「タキ(南野)にとっては本当に難しかった。すぐに、ふくらはぎに違和感を感じたので、ハーフタイムで治療が必要だったんだ。それは彼の最初のプレミアリーグの試合で、並外れたものだった」

クロップ監督はこのように語っている。南野は万全ではなかったようだが、それでも指揮官はプレミアデビューの日本人のプレイを称賛した。

そのほか地元紙『Liverpool ECHO』の採点では「6」と及第点の評価。「すぐに左サイドに入り、休憩後に中盤の右側へ移った。時々ゲームのペースをつかむのに苦労した」と評されている。

ついにデビューを果たした南野。今回はゴールに絡むことはなかったが、これからの活躍に期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ