マンCの“PK問題”解決策に仰天プラン ペップが挙げた意外すぎる選手とは

シェフィールド戦でPKを失敗してしまったジェズス photo/Getty Images

まさかのGK投入か

マンチェスター・シティは現地時間21日に行われたプレミアリーグ第24節シェフィールド・ユナイテッド戦に1-0で勝利したのだが、その一方でかねてより問題視されている課題については回答を得られない結果となってしまった。“PKキッカー問題"が一向に解決しないのだ。

この試合でマンCは35分にリヤド・マフレズのトリッキーなドリブルからファウルを誘いPKを獲得したのだが、キッカーを任されたガブリエウ・ジェズスがまさかの失敗。前線に優秀なストライカーが揃う同クラブだが、どうにもPKには弱い。ジェズス以外にも昨季から何度かセルヒオ・アグエロやラヒーム・スターリングが失敗しているのは記憶に新しいところだ。

そして、このマンCが抱える問題には指揮官も頭を悩ませている様子。試合後の会見にて、同クラブのジョゼップ・グアルディオラ監督が次のように語ったことを英『sportskeeda』が伝えている。

「(PKキッカーの選択については)個人的によく考える必要があると思っているよ。キッカーを担当する選手たちを常に信頼しているのだけれど、監督として誰が適任かを明確に決断する必要があるのかもしれないね。今日はガブリエウ、過去にはセルヒオ、ラヒームが失敗している。あまり良いこととは言えないね。チャンピオンズリーグの決勝トーナメントではこういった細かな部分が大きな違いを生むんだ。非常に重要だよ。だから我々は今後に向けてこれをよく考える必要がある。誰がPKを蹴るべきか、選択しなければならないね」

ジェズス、アグエロ、スターリングといったシュートの上手い選手がダメならば、誰に任せるべきだろうか。非常に難しい問題であることは間違いない。しかし、グアルディオラ監督は一つの解決策の候補として意外すぎる選手の名前を挙げている。指揮官は次のように続けた。

「エデルソンがベストかな。私の言うことを信じておくれよ。現時点では我々の中で彼が最高のPKキッカーなんだ。エディは血が通っていないのかと思うくらい冷静な男。いつも落ち着いていて、気負うことなく蹴れるはずだよ」

まさかのGKを指名したグアルディオラ監督。仰天プランだが、この発言は本気かそれともジョークか。状況が状況だけに、どちらとも言い切れないのが悲しいところだ。

はたして、抜群のキック精度を誇る冷静沈着な守護神がキッカーとしてPKに臨むことはあるのだろうか。守護神を出動させる苦肉の策は避けたいはずだが……。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ