ただ1人クリーンシート率“50%”を超えるGK スーパーマンと絶賛されるのは

アトレティコのオブラク photo/Getty Images

25回もクリーンシートを記録

現世界最高のGKは誰なのか。2019年より新設されたGK版バロンドールと言える「ヤシン・トロフィー」はリヴァプールのアリソン・ベッカーが受賞したが、これだけでアリソンをNo.1と断言するのは難しい。

全コンペティションでのクリーンシート数を見ると、2019年のアリソンは今年39試合で17回のクリーンシートを達成している。これも見事な数字だが、アリソン以上のクリーンシート数を達成した者が欧州五大リーグで4人いる。

インテルのサミール・ハンダノビッチ(18回)、マンチェスター・シティのエデルソン・モラレス(21回)、バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(22回)、そしてNo.1はアトレティコ・マドリードの守護神ヤン・オブラク(25回)だ。

スペイン『as』はオブラクを「アトレティコのスーパーマン」と評しているが、オブラクは今年46試合で25回のクリーンシートを達成している。クリーンシート達成率は驚異の54.3%で、いかにオブラクからゴールを奪うのが難しいかを示している。

もちろんクリーンシートはGKだけの功績ではなく、守備陣全体で達成するものだ。とはいえ、今回挙げた5人のうちクリーンシート率が50%を超えているのはオブラクだけだ。これは絶賛されるべき数字だろう。

テア・シュテーゲンやアリソンに比べて話題になる機会は多くなかったが、オブラクこそ現世界最高のGKと言っても大袈裟ではないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ