最強だった2019年のリヴァプール V・ダイクが最も印象に残った瞬間は

2018-19シーズンの欧州王者に輝いたリヴァプール photo/Getty Images

「みんながそれを楽しんだ」

2019年はリヴァプールにとって最高の1年だったことだろう。2018-19シーズンは惜しくもマンチェスター・シティにプレミアリーグのトロフィーを譲ることとなったが、悲願のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。この1年間で喫した敗戦はわずか「5」。最強と呼ぶにふさわしい成績だ。

そんな最高の時間を過ごしたリヴァプールのなかで、1年を通して最終ラインに君臨し続けたオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが最高の瞬間をひとつ挙げている。英『Liverpool Echo』によると、やはりこの男が一番嬉しかったのは欧州の頂点に立った時だったようだ。

「最も重要だった瞬間はチャンピオンズリーグで優勝したことかな。驚くべきことだったし、僕らはみんながそれを楽しんだ。昨季のプレミアでは残念ながら、マンCに少し上をいかれてしまったけれど、あれのおかげで今季さらに一生懸命チャレンジすることに意欲が湧いたんだ。昨季の全ての経験は今季の僕らの旅に役立っているよ。そういった出来事から学ぶべきだし、僕らは間違いなくそれができていると感じているんだ」

CL制覇を皮切りに、もう一段階ギアを上げた印象のリヴァプール。ひとつのターニングポイントとしてファン・ダイクはこの瞬間を挙げたのかとも思われたが、どうやらそれだけが好調の理由ではないようだ。この結果は昨季の悔しさなど、すべてを糧として得たものだとこのディフェンスリーダーは主張している。

はたして、他のチームメイトに同じ質問をしたらどのような答えが返ってくるのだろうか。チームとしてのまとまりが感じられるリヴァプール。それだけに、もしかすると10人に聞いたら10とも同じ返答、なんてこともあるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ