カッサーノ氏、“元相棒”のミラン復帰に何を思う「あいつが怒ったら……」

先日、ミラン復帰が発表されたイブラヒモビッチ photo/Getty Images

「過去30年間で最高の背番号9」のひとり

現役時代にローマやレアル・マドリード、ACミラン、インテルなど。ビッグクラブを渡り歩いたイタリアの“悪童”アントニオ・カッサーノ氏が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて口を開いた。

カッサーノ氏とイブラヒモビッチは2011年から1年半に渡ってミランで一緒にプレイし、2トップとしてコンビ組むことも多々あった。カッサーノ氏もそんな相棒の古巣ミラン復帰を喜んでいる。伊『sky sport』で次のようなコメントを残している。

「彼がイタリアへ戻るとしたらそれはミランのためだといつも言っていたように、オレはこの復帰を期待していた。彼はこのクラブをこの街が大好きだ。ロナウド、マルコ・ファン・バステンに次いで、イブラヒモビッチは過去30年間で最高の背番号9だと思う。彼はあの年齢にもかかわらず、驚異的だ」

「ズラタンはチームメイトの力を110%引き出し、セリエAで違いを生み出すことができる。現在、ミランにいる選手の80〜85%はプレイするに値しないから、彼はチームメイトの力を引き出さなければならない。トレーニング毎に100%をださいないと、彼は大声を上げて怒鳴るんだ。だから、イブラがチームメイトたちを最大限活用してくれることを確信しているよ。あいつが怒ったら本当に怖いんだぜ」

イブラヒモビッチの加入で、カッサーノ氏もミランの復活を期待しているのかもしれない。これまで多くの栄光を勝ち取り、以前メディアの前で「セリエAでもまだまだやれる」と豪語していたイブラヒモビッチだが、古巣を立て直すことができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ