ミランで起こる“イブラ革命” キング到着で得する選手・損する選手は誰だ

レオンにはチャンス? photo/Getty Images

イブラを中心に回る可能性も

FWズラタン・イブラヒモビッチの復帰を発表したミランは、今後どのようにイブラヒモビッチを活かしていくつもりだろうか。

イブラヒモビッチはサッカー界でも1、2を争うほど個性の強い選手で、今後はイブラヒモビッチを中心にチームが回っていく可能性が高い。

伊『Gazzetta dello Sport』も革命が起こると取り上げており、イブラヒモビッチ加入で前線の起用法が変わってくると見ている。

イブラヒモビッチは前線でボールを収めることができ、それと連携して上手くスペースを活かせる選手を前線で起用するのがベターとなるだろう。同メディアがプッシュしているのは今夏リールから加わったFWラファエル・レオンで、セカンドストライカーとしてイブラヒモビッチをサポートできると期待されている。

一方でセンターフォワードのクシシュトフ・ピョンテクのようなタイプは危険だ。イブラヒモビッチとピョンテクの同時先発は考えにくいとされており、ピョンテクにとっては苦しい時間となるかもしれない。

また中盤にもイブラヒモビッチが作るスペースへ飛び込める選手が欲しい。以前のミランにはケビン・プリンス・ボアテング、アントニオ・ノチェリーノのような選手がいたが、今のチームならばジャコモ・ボナベントゥーラ、ラデ・クリニッチなどは相性が良いのではと評価されている。

そんな中、同メディアが気にかけているのはFWスソだ。長くミランで崩しのキーマンとなってきたスソは、右サイドから仕掛けることを得意とするアタッカーだ。スソが攻撃の中心となるケースも多かったが、同メディアはイブラヒモビッチ中心のチーム作りが行われた場合はスソの立場が怪しいものになるのではと分析している。

イブラヒモビッチ1人の加入で前線の形は変わっていくことになりそうだが、ポジティブな方向へ転がるだろうか。シーズン途中ながら一新されたようなイメージさえあるミランに注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ