エヴァートンで続ける名将物語 アンチェロッティが5番目の速さでプレミア50勝

エヴァートンで2連勝スタート photo/Getty Images

エヴァートンをどこまで押し上げられるか

降格圏も見えるほど不振に陥ったエヴァートンは、名将カルロ・アンチェロッティの招聘へと動いた。アンチェロッティもナポリで苦い経験をしたばかりだったが、それでも名将との評価が落ちたわけではない。エヴァートンにとっては経歴も十分な理想の指揮官と言える。

アンチェロッティもその期待にさっそく応えており、29日にはニューカッスルも撃破して就任から2連勝を記録。前節バーンリー線に続き、プレミアリーグ特有の超過密日程の中で結果を得ることに成功した。

英『Liverpool Echo』によると、アンチェロッティは今回のニューカッスル戦でプレミア通算50勝を達成。チェルシー時代を含め78試合で50勝の大台に乗せることになったわけだが、これはプレミアリーグでも5番目の速さだ。

最も速く50勝を達成したのは現トッテナム指揮官のジョゼ・モウリーニョ(63試合)、それに続くのはマンチェスター・シティ指揮官ジョゼップ・グアルディオラ(69試合)、現インテル指揮官アントニオ・コンテ(73試合)、ウェストハムの指揮官を解任されたばかりのマヌエル・ペジェグリーニ(75試合)となっている。

アンチェロッティもチェルシー時代には2009-10シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げており、プレミアリーグでも確かな実績がある。目標はエヴァートンをチャンピオンズリーグの舞台へ導くことのようだが、アンチェロッティならその目標も叶えられるかもしれない。そんな期待を抱かせる2試合だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ