プレミアで最も成功した日本人は 南野拓実が超えるべき偉大な先輩FW

レスターでリーグ制覇を果たした岡崎 photo/Getty Images

日本人が苦戦してきたプレミアに南野が向かう

リヴァプールの南野拓実が誕生することになったが、今季欧州を騒がせた日本人アタッカーはプレミアリーグでどれほどのインパクトを残せるのだろうか。

今では海外組も珍しくなくなったが、プレミアリーグで成功を収めた日本人選手はあまり多くない。英『GIVE ME SPORT』は南野がイングランドでプレイする9人目の日本人選手と取り上げており、これまでプレイしてきた日本人選手を10点満点で採点している。

ただ、その採点が少々厳しい。トッテナムで4試合しかプレイできなかったMF戸田和幸は10点満点中1点、現在ニューカッスルで苦戦中のFW武藤嘉紀は2点、ボルトン、ウィガンで時折スピード自慢であることを披露したFW宮市亮は3点、同じくボルトンで短期間プレイしたMF中田英寿でも5点だ。

マンチェスター・ユナイテッドで苦しみながらもプレミア制覇を経験したMF香川真司も6点に留まった。マンUでは2年しかプレイできず、全体的には失敗と評価されている。それでも、他の日本人選手と比較するとまだ良い方だろう。フラム、WBAなどでプレイしたMF稲本潤一も同じく6点だ。

高評価と言えるのは、サウサンプトンで長く活躍するDF吉田麻也とレスター・シティで奇跡の優勝を果たしたFW岡崎慎司の2人のみ。吉田はイングランドで最も長くプレイできている日本人選手であり、ポジションを失う時期がありながらも評価は安定している。

岡崎は完全な主役であり、同メディアもプレミアで最も成功した日本人選手と断言している。ニューカッスル戦でのオーバーヘッドシュートなど、岡崎の貢献はレスターの優勝に欠かせなかった。ジェイミー・バーディとのコンビはレスターの歴史に残るもので、同メディアは9点と高い評価をつけている。

南野に求めるは、10点満点の活躍だろう。リヴァプールで主力としてリーグ制覇、さらにチャンピオンズリーグ制覇に貢献できれば、満点評価も見えてくる。岡崎に負けることなく、プレミアで最も成功した日本人選手になってほしいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ