[MIXゾーン]“小1から横浜FM” の主将・喜田「想いがこもったシャーレでより重みを感じた」

念願のシャーレを掲げるキャプテン・喜田 photo/Getty Images

立ち振舞いやプレイはもちろん、些細なことにも気をつけてきた

12月7日(土)、全国各地でJ1最終節が行われ、日産スタジアムでは首位の横浜FMが2位FC東京との“優勝決定戦”に3-0で快勝し、15年ぶりの優勝を成し遂げた。キャプテンマークを巻いていた喜田拓也は小1から横浜FMの下部組織でプレイする生え抜きで、良い時代、苦しい時代を間近で目にしながら育ってきた。必然、クラブに対して強い想いを持ち、受け取った優勝皿(シャーレ)に実際の重さ以上のモノを感じていた。

「シンプルに重かったのもありますが、チームメイト、スタッフ、ファン、サポーター、これまでクラブに関わってきたすべての人たち。みんなの想いがすべてこもったシャーレで、より重みを感じました」

さまざまな思い出が去来したのか、優勝が決定したあとには感極まって涙もみせていた。もちろん嬉し涙もあっただろうが、本人が語ったところによると、単純な嬉し涙ではなかった。そこには、まわりの人々に対する感謝が込められていた。

「小1からマリノスのエンブレムをつけてサッカーしてきて、クラブのいろいろな姿をみてきました。15年という月日は、とても長かったと思います。それだけに、キャプテンとして優勝に携われたのはいろいろと感じるところもありますが、個人的な感傷に浸かるという気持ちではありません。今日の試合に限らず、1年を通じてみんながタイトルを取るんだという気持ちで頑張ってきました。この日のためにみんなが必死に取り組んできました。そういった頑張り、かけてきた時間、取り組んできた姿勢が報われたことが一番嬉しいです。自分が頑張ってきたというより、まわりに対する感謝のほうが大きく、みんなが喜んでいる姿を見ているとなおさら感じるものがあり、ちょっとヤバかったです」

シーズンを振り返れば、横浜FMは優勝候補に挙げられる存在ではなかった。要因となっていたのは失点の多いサッカースタイルで、この不安材料が解消されない限り、昨シーズンの12位という結果と同じような順位、あるいは下回ることもあるのではないかと考えられた。しかし、それはまわりが抱いていた懸念で、アンジェ・ポステコグルー監督は信念を貫き、選手たちも指揮官を信頼し、優勝を目指してブレないで取り組み続けた。そして、達成困難だと考えられた目標についにたどり着いてみせた。

「昨シーズンの結果を考えれば、タイトルを取るという目標について、開幕前は現実として捉えている人はいないに等しい状態でした。それでも、監督、選手、スタッフは心の底から優勝すると信じてスタートしました。最初の時点で、『このチームはなにかを起こせるのではないか』という意識が自分のなかにありました。終わったあとにこうして言葉にするのは簡単ですが、実際にシャーレを横浜に持って来られたのは、やっぱりみんなが優勝できると信じて取り組んできた結果で、気持ちが乗り移ったタイトルだったと思います」

では、シーズンを戦うなか、キャプテンとしてどのようなことに気をつけ、取り組んできたのだろうか。

「大前提として、自分が一番示していないと、説得力がありません。なにかを要求することも、なにかを言うこともできないので、立ち振舞い、プレイなど本当にたくさんのことを考えるなか、些細なことにも気をつけてきました。チームがどういう状態なのか、各個人がどんな表情をしているのか。どういう気持ちなのか──。キャプテンとして、チームメイトとして常に気にしながら前に進んできました。そこにはみんなの協力があり、少しずつカタチになっていきました。最初から考えると、本当にみんな見違えるほど逞しくなったと思います。自分は評価する立場ではないので上から言うつもりはないですが、ひとりのチームメイトとして、本当に頼もしく感じました。抽象的ですが、すごくいい集団になっていったなと思います」

なにはともあれ、喜田をキャプテンとする横浜FMは15年ぶりの優勝を飾った。来シーズンはJ1連覇とともに、アジア王者を目指す1年にもなる。無論、簡単なシーズンにならないことは誰よりも実際に戦っている選手たちがよくわかっている。

「一度優勝を味わうと、誰もがもう一度と考えるのが普通だと思います。ただ、来年はもしかしたら今年よりも厳しいシーズンになるという覚悟が必要かもしれないです。なぜなら、どのチームも“打倒マリノス”ではないですが、前年度王者に対しては『倒してやるぞ』という意気込みで挑んできます。それがタイトルを取るということで、そうしたチームとの戦いが、またマリノスを強くしてくれるのだと思います」

王者になった者は、今度は追われることになる。優勝直後にも関わらず、喜田はしっかりと来シーズンを見据えていた。「すごくいい集団になった」という横浜FMが、今回の優勝を経て、どんなチームに仕上がっていくのか。ホームタウン、ホームスタジアムの規模を考えると日本屈指のビッグクラブになるポテンシャルを持っているだけに、さらなる発展・成長が期待される。

取材・文/飯塚 健司


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ