セリエA“4人”のヤングスターに大注目 インテルVSユーヴェのバトル勃発か

イタリア代表のキエーザ photo/Getty Images

移籍市場でも激しい戦い

インテルとユヴェントスはセリエAで激しい首位争いを展開しているが、どうやら戦いはピッチ上だけのものではないようだ。

伊『Gazzetta dello Sport』は、新戦力の獲得を巡っても両クラブがバトルを繰り広げることになると特集している。現在両クラブが注目しているのは、同じセリエAの若手4選手だ。

1人は今夏も大いに市場を騒がせたブレシア所属のイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(19)。アンドレア・ピルロと比較されるなど期待は大きく、イタリアサッカー界のNEXTブレイク筆頭候補と言ったところだろうか。すでにブレシアでは主力としてプレイしており、将来性を考えれば手に入れておきたい。

2人目はインテルとユヴェントス以外のクラブからも注目が集まっているとされるパルマMFデヤン・クルゼフスキ(19)だ。主に右のウイングを主戦場としており、今季はここまで3得点5アシストを記録している。アタランタからレンタルでパルマに加わっているクルゼフスキも、次の市場で大いに話題を集めるであろう金の卵だ。

3人目はローマMFニコロ・ザニオーロ(20)だ。ザニオーロはインテルのユースに所属していた経験を持っており、昨夏にローマへ移籍した選手だ。今やセリエAを代表する攻撃的MFの1人となりつつあり、インテルは再獲得を狙うということなのだろうか。

最後の4人目はザニオーロとともにEURO2020でもイタリア代表の主力として活躍が期待されるフィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザ(22)だ。今夏はフィオレンティーナに留まったが、多くのビッグクラブがキエーザのことを追いかけている。近いうちにビッグクラブへの移籍が実現するだろう。

4人をいっせいに獲得するということはないだろうが、今回紹介された4人は今のセリエAで波に乗っている若手たちだ。ビッククラブが目をつけるのは当然で、移籍市場でもインテルVSユヴェントスのバトルは激しくなりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ